ザンギエフでの対ロレント(コロコロ限定)

標準

<2014年9月9日追記>

いい感じに処理出来た動画が撮れたので差し替え。以下の文章とズレる部分が生じるかもしれませんが。

<追記ここまで>

基本的にはこの動画の通りです。

ウルトラストリートファイター4になってからロレントが参戦したんですが、最近このロレントでメコンデルタアタック(通称コロコロ)を連発する人が結構多くてですね。単なるbotなんですけど、ずっと中K振ってくる豪鬼botとかに比べると対策してないと結構厳しいです。

ロレントのコロコロって対人戦で出されると確反すればいいんですけど、ザンギエフってイマイチ確反が思いつかない。EXに対しては弱バニすればいいんですが。

で、ちょうどコロコロを連発するロレントがいたので、いい感じに練習台にしました。

1.コロコロをガード→弱バニ
これは当たるときと当たらないときがあって、初心者にもオススメの反撃とは言いづらいです。動画でもあるように、微妙にカスったりする。

EXコロコロならば割と当てやすいのですが、通常のコロコロだと当てるのが難しいです。練習あるのみ。ただ、カスった場合でもダメージを受けるわけではなく、ガードできるのでそこまでリスクは無いです。

2.フライングパワーボム
多分これがやりやすい戦い方かと。バックジャンプ中には当てられないので、コロコロが迫ってくる最中にしか使えませんが、割と難易度低め。

ただし、距離が遠すぎると上手く当たらないので、中距離ぐらいで出しておくといい感じに吸ってくれるようです。EXコロコロに対してもノーマルのフライングパワーボムで良さそう。

 

3.ダブルラリアット
これが意外と当たらない。ダブラリはしゃがみ状態には当たらないので、必然的にコロコロをガードしたあとの跳ね返りに当てることになります。

ただし、ただ出せばよいわけではなく、ちゃんとコロコロが跳ね返るときにダブラリが当たるように出さないと、逆にダメージを喰らうハメになります。なので地味に難易度は高い。

けれども画面端に追い詰めた状態だと強い。なぜならコロコロはジャンプ後に出さざるを得ない技なので、画面端に追い詰めた状態だとジャンプにダブラリが簡単に当たる。

 

というわけで、まとめると、ザンギエフでコロコロ連発のロレントと対戦するようになった場合は、弱バニやフライングパワーボムを使って画面端まで追い詰めてからダブラリ連発というのがセオリーかと。この辺を対策しないと良く分からんままに殺されかねないです。逆に言えば、対策してしまえばなんてことないんですけどね。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。