今さらブログ始める必要ないよね

標準

※冒頭の画像は本文と関係ありません

twitpicが使えなくなり、画像も削除されるということだったので慌てて保存しておきました。

今でこそtwitterに画像を投稿する機能が搭載されているのですが、今から3年ぐらい前は画像が投稿できなかったんですよね。そのために画像投稿サービスが人気出た(携帯百景とかFlickrとかyfrogとか)んですが、今はtwitterに投稿できるようになったために、そういうサービスをtwitterで使う人は一気に減った気がします。

webの場合、使う人が居なくなったとしてもコンテンツは残しっぱなしという文化なのですが、最近ではサービス終了と同時にコンテンツまで消滅してしまうということも多くなってきました。最近だとinfoseekの無料ホームページが消滅して大騒ぎになりましたね。

昔のwebって『コンテンツを作りたい!』という高い熱量が無いとサイトを作れなかったんですよね。ホームページビルダーといったものはありましたが、基本的にタグ打ちでホームページを作る人が多かったため、サイトのデザインから自分で考える必要がありました。そのため、『何をやっていいかわからない』『とにかく面倒くさそう』という印象が強く、それを乗り越えてでも何かを作りたい人がたくさんサイトを作ってました。

その後ブログサービスが作られて簡単に自分のサイトを作れるようになり、更にtwitterとかfacebookとかが普及したことにより、もっと敷居が低くなったような気がします。具体的には、デザインもほぼ画一化された上に自分の文章も短くてもよい上に、他の人からfavとかイイネ!とかが貰えるようになったので反応が貰いやすくなったな、と。もちろん、敷居が低くなったせいでうかつなことを書いて大打撃を受けたりするのですが。

 

という文化はさておき。俺がブログを始めたのは「なんとなく広まってるから」程度だったのですが、ブログが話題になった当時は『ブログで日記を書こう』みたいな感じだったんですよ。ところが今ではそういう『日常を記録するサービス』ってfacebookやtwitterがメインになってしまったわけです。実際、ブログって結構長文を書かないといけない感じですし。芸能人のブログはやたらと改行が多かったりしますが、アレはまた別の理由ですから一般人には関係ないですし。

ですから、今からブログをわざわざ始める理由があまりないんですよね。『自分のサイト』のブランド力って今は無いですし。(昔は「自分のサイトを持ってます!」というのがちょっとしたステータスだったのですよ。確か。)

 

それでも今からブログを始める理由って何があるかなって考えると、アフィリエイトで金を稼ぐか論評や批評といった長文を書くのが主な理由な気がします。

 

『サイトデザイン考えるのは面倒だけど文章書きたい』って人にはブログはピッタリなサービスなんですよね。テキストを書くだけのサービスみたいなもんですし、デザインはテンプレートがたくさんあるからわざわざ選ぶ必要がないし、カテゴリ作っておけばアーカイブ化してくれるし。

アフィリエイト……については良く分かんないです。はてブのホッテントリには『SEO対策としてこういうのをやったほうがいい!』とか『アクセス数を上げるにはSEO対策やサイトデザインが云々!』みたいなライフハック系記事がよく登場しますが、俺自身はそこまでアフィリエイトに熱心じゃないので良く分からないです。このサイトも30前後PV/日程度ですし。

 

今からわざわざブログを始める人って大体上記の理由じゃないですかね? ネットであちこちのブログを見てて長文書きたくなったとか、アフィリエイトが儲かりそうだからとか。俺みたいに「備忘録として日記を継続したい」なんて人は反応が貰いにくいブログを始めるメリットがないですよ。facebookやtwitterで充分だよ。

話がとっ散らかっちゃった気がしますけど、もしも上記以外の理由でブログ始めた人とか居たら、そういう情報がもらえると嬉しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。