ユーチューバーの動画でテレビが金使ってることを再認識した

標準

※冒頭の画像は『あいまいみー』の5巻のコラ画像です。

YouTubeの広告をあちこちで見かけるようになりまして。特にネット上だと、Googleアドセンス使ってる人が多いので、必然的にYouTubeの広告も目に入りやすいわけです。

ネット上で流行るぶんには「ふーん」って感じだった(そもそもネット上での広告はその程度の感覚)のですが、テレビを見てたらYouTubeのCMが出てきてびっくり。ゴールデンタイムって結構な金額のはずなのにそこで広告出せるのか!と。

今テレビで放送されてるYouTubeの広告は『好きなことで、生きていく』をキャッチコピーとしてユーチューバーを紹介していく形式。ユーチューバーってのはYouTubeに動画を上げる人のことで、狭義では『YouTubeに上げた動画による収入だけで生活する人』を言うらしいです。



こんな感じの動画ですね。

で、せっかくだからと有名どころのユーチューバーの動画をいろいろ見たんですが。基本的に個人でやってる動画だから全然お金がかかってないんですよね。

金をかければいいってもんじゃないし、お金がなくても面白い動画はあるんでしょうけれども。地上波で放送されているバラエティ番組に比べると圧倒的にお金を使ってない。

たとえば『コンビニで○○を買って食べました!』とか『スーパーやホームセンターで買った素材でこんなことしちゃいました!』とか。基本的に個人が出せる金額程度にしかお金を使えてないので、安いと300円ぐらい、高くても数万程度といったところでしょうか。

さらにいうと、一人で固定カメラに向かって喋る動画や小さいビデオカメラを片手に喋る動画が多い。極まれにカメラを操作してくれる人が居ますが、それでもスタッフ含めて2人程度。

 

『少ない予算で、個人で面白い動画が作れる! しかも広告収入が!』というのがyoutubeのウリだってのはわかりますけどね。テレビのような放送業界が入ってこないからできるビジネスモデルとはいえ、あまりにも金を使わなさすぎだな、と思いました。

それがはっきりわかったのは、個人が実験して失敗を元に修正して成功する動画(動画貼ったら文句言われそうな気がしてこわいので敢えてタイトルは書かないけど、巨大なス○イムを作る動画)です。「前回は失敗したので原因を考えたら~~で、今度は~~~とすればいいなと思いました!」みたいな反省から始まって、実際に作って、成功する、という普通の流れ。

バラエティ番組だったらナレーターが画像つきで解説したりするところを、個人で撮影してるからカンペ見ながらダラダラと喋るだけ。実際に作るところも、画面が固定で字幕も少ない。それを補うためにちょっと大げさなリアクションとか、悪ふざけとかをしてる感じ。

 

画面に登場する人数が同じであっても、その動画を作るために関わる人の数がテレビと個人動画では違うなというのが実感できました。バラエティ番組のワンシーンだけでも、イラストレーターやナレーター、音響、演出、監督、複数のカメラマンなどなど。

テレビに限らないですが、『目に見えないところでたくさんの人が関わって大きな作品が世間に広まる』のだなと改めて思いました。今のyoutubeだと頑張っても一人がちょっと金持ちになる程度ですし、複数人を雇ってyoutubeの収益で稼ぐ会社(またはチーム)というのはまだまだ先になりそうです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。