スプラトゥーン買って楽しんでるよ!

標準

スプラトゥーン買いました。買ったはいいけど、土日にあまりプレイできなかったので、まだランク11。ランクは20まであるので、半分ちょっとですね。

まだまだやれることがたくさんあって、当分飽きなさそうな感じです。スマブラの為にWiiU買ってたけど、スプラトゥーンは情報が出始めたあたりからずーっと気になってたのですよ。ちゃんと楽しくてよかった。ネット環境必須ですが、自分はガチ勢じゃないのでWifiでもそれなりに楽しく遊べてます。

最初は他のFPS(プレイヤーキャラ視点のシューティングゲーム。腕だけ画面に見えるタイプ)やTPS(三人称視点のシューティングゲーム。プレイヤーキャラの後頭部が見えるタイプ)と比較しようかと思ったんですが、その辺の知識が全然ないので、素直に面白かった部分を書いていきます。

 

●ルールが簡単で面白い

このゲームは自分の持ってるブキ(インク銃やローラー)でマップを塗りまくり、3分後に塗った面積が多いチームが勝ちというルール。マップ画面はテレビに表示されないのですが、手元のゲームパッドに表示されます。

マップを見て戦況と勝敗が分かりやすいのが非常に楽しい。各プレイヤーの数字が表示されてそれを読み取るよりも、マップを見るだけで「こっちのチームは劣勢だな」とかがぼんやり分かるのが良いです。自分のチームが大通りをちゃんと塗ってても、相手チームが人が少ない端っこの方を丁寧に塗ってたりすると逆転されることもあるので、『ぼんやりと』ですが、マップを見るだけで分かるのが良い。

また、このゲームはマップを塗ったほうが勝ちなので、無理に相手を倒す必要はないんですよね。なので、自分みたいにちょっと離れたところからペトペト塗りたいプレイヤーはマップを見て「この辺は色が混ざり合ってるから混戦してるな。じゃあこっちの路地を攻めるか」と判断できるわけです。

 

●グロくないのが良い

インク銃で相手を倒すとパチーンと弾けるんですが、任天堂らしいポップなキャラクターなのに加えて、インクを撒き散らすだけでグロさが無いのが好きです。

欧米で流行ってるFPSって戦争ものゲームという感じで、割とリアルなグラフィックと設定が多いんですよね。敵を倒した時にも血がブシャーと出るような(やったことないので実際には血が出ないかもしれませんが)。個人的にはあまりそういうのが好きじゃないので、スプラトゥーンぐらいの『かわいいキャラクターがインクを打ち合う』というホンワカした雰囲気なのが安心して楽しめます。

まぁ実際はかなりガチのTPSなんですが。

 

●ジャイロ操作が簡単で嬉しい

これはもう俺の好みなんですが。WiiUのパッドは左右にスティックがついてて、左スティックでキャラクターを移動させて右スティックで標準の向き(銃を撃つ方向)を調整するシステムです。ところが標準の向き調整がWiiUゲームパッドのジャイロでもできるんですよ。

これがカメラをグリグリ操作するタイプの3Dアクション系に慣れてない俺には非常にありがたい。右方向を撃つならゲームパッドを右に、上を向くならゲームパッドを上に向ければいいんですよね。感覚的には『レースゲームでカーブする時に身体が傾く』のに似てると思います。

もちろんジャイロ機能をオフにすることもできるのですが、別のアクションゲームでこの操作(左右のスティックで移動と向き操作)に慣れなかったので、初心者である俺には非常にありがたい機能でした。あたふたしちゃうとゲームパッド持ったまま後ろ向くこともありますけど、それもまた「実際に銃を向く方向を向いてる」感があって楽しかったです。

 

●一人ゲームが全然違うゲーム性で楽しい

基本的にネット対戦がメインのゲームなので一人用は全然違うゲームみたいな感じです。

ゲーム内容としては面クリアタイプのアクションゲーム。操作方法は対戦モードと同じなのですが、通常の移動方法を駆使してステージの先に進んでいったり、巨大なボスと戦ったり、アイテム探したりという対戦モードとは全く異なる遊び方。個人的にはマリオ64とかベヨネッタみたいな感じに思えました。

こういうアクションが割と好きなので、対戦の合間にちょいちょい進めています。残念ながらおまけモード扱いなのでステージがそれほど多くないのが悲しい。楽しいし難易度もそれなりなんだけど、すぐに終わっちゃいそうなのがなー。おそらくこのモードはそれほど重要視されてないのでアップデートで追加される可能性も低いですし。

 

●ファッションが多彩で、キャラクターのカスタマイズが楽しい。

ゲームの中には広場というスペースがあり、そこから武器屋とか服屋とか対戦スペースに行くことができます。ただ、ゲームパッドでタッチすれば一瞬で飛べるため、わざわざ広場に行く必要がないんですよね。対戦とカスタマイズだけならば。

ところが広場には他のプレイヤーキャラがたくさん居るんです。みんなが思い思いに好きなファッションを着てるんですが、かなり個性豊かで見てて全然飽きない。他の人のファッションを見て、気に入ったものを注文することもできるのがさらにいい。

ブキの他に頭・体・靴の3種類の装備があり、ゲーム内の店で買うことで着替えることができます。それぞれに対戦で有利な要素が入ってるのですが、『このプレイスタイルならこのファッション』というように固まってないのが良いですね。オシャレなものが多いので、ゲーム内だけじゃなくコラボグッズとして販売してほしいなぁ。

●他人のMiiverse(ミーバース)が面白いので見てるだけで楽しい。

広場に居る人達には、Miiverseに投稿してる内容も吹き出しで表示されています。Miiverseには一言コメントやちょっとしたイラストを載せることができます。領域は小さいので、なんとなくtwitterを見てるような感じ。他人と会話するというより単なる呟きですからね。

画像はネットでたくさん探してもらえば分かると思うんですが、かなりの力作が多くて。自分も書いてみようかと思ったんですが、よく考えたらWiiUのゲームパッドに小さいスペースでなおかつ白黒で描かなきゃいけない。そんなに限られた内容なのに、丁寧に描いてる人も多く、みんなスゲーなと感心してました。(PCからも描きこみできるかもしれませんが)(俺は絵心が無いので諦めて文章を投稿)

Miiverseの絵はゲーム中にもカンバンとかに表示されるのですが、じっくり見るために広場をうろつくのもまた楽しい。他の人のファッションを見つつ、Miiverseの内容を笑いつつ。のんびりと世界を楽しめるのが良いです。

 

●というわけで

スプラトゥーンは発表当初から「面白そう!」と思ってて、実際にプレイしたらやっぱり面白くて、マッチングにも全然不自由してないので買ってよかったなと思ってます。まだランク11な上に、一人用もエリア2(ステージ11ぐらい)までしかクリアしてないので長く楽しめそう。ネット環境が必須ですけれども。

スプラトゥーンダイレクトを見直したら、8月ごろまでは頻繁にアップデートされて武器やらステージが追加されるみたいだし、6月13・14日にはフェスもやるみたいだし。久々に『気が付くと2時間ぐらい遊んでた新作ゲーム』を楽しめてるので非常に満足。みんなも遊ぼうよ。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。